幅広い不正利用補償

カスタム設定

カスタム設定

リスクのプロファイルはマーチャントによって異なります。当社は16年にわたる不正利用防止の経験を生かし、ビジネス固有のニーズと業界知識を組み合わせてお客様に合ったリスクプロファイルを作成します。

高機能の意思決定エンジン

高機能の意思決定エンジン

RiskGuardianは、さまざまなテクノロジーを利用してリアルタイムで不正利用を検出・防止します。

高度なIPジオロケーション

高度なIPジオロケーション

発信元のIPアドレスと位置を特定するために組み込まれている機能です。

デバイスID

デバイスID

デバイスIDのインテリジェンスによって、特定のデバイスからの不正行為が分かるようになっています。さまざまな組み込み実装が可能 − 詳細は取引先関係担当マネージャーにお尋ねください。

ケース管理

ケース管理

リスクの高い取引を、手作業で簡単に確認することができます。各ケースに管理者を割り当て、取引の優先順序を決定します。

データインテリジェンス & プーリング

データインテリジェンス & プーリング

何百万件もの取引や第三者専門家による統合済みデータソースとの綿密な相互参照により、不正利用の検出を強化します。

大手パートナーの統合

大手パートナーの統合

RiskGuardianには、Hybris、Accelya、Amadeusなどの大手プロバイダーがすでに統合されており、技術的な作業に手間取ることなく短時間で運用を開始することができます。

柔軟かつ即時のルール作成

柔軟かつ即時のルール作成

数回クリックするだけで、独自のルールを作成することができます。設定したリスク条件に該当する取引を瞬時にブロックできるほか、そうした取引があった際に通知を受けることもできます。

リアルタイムの警告

リアルタイムの警告

設定した条件に該当する高リスクの取引の発生をリアルタイムでお知らせ。数回クリックするだけで、指定したメールアドレスに警告が送信されるよう設定することができます。

ダッシュボード & レポート

ダッシュボード & レポート

取引をひと目で確認できるスナップショットや、詳細にわたるエクスポート可能な定期レポートから知見を得て、取引の評価に活かすことができます。

取引監視サービス

取引監視サービス

セルフサービス型のポータルをご利用ください。当社にお任せいただいてもかまいません。このサービスの現在の提供地域については、取引先関係担当マネージャーにお尋ねください。

支払取り消し管理システム

支払取り消し管理システム

支払い取り消しの処理を自動化し、書類作成業務を減らしましょう。

Dynamic 3Dセキュア

Dynamic 3Dセキュア

3DSを最適化。スムーズな顧客体験を確保しながら取引受け入れ率を向上させ、取り消し件数を減らします。

決済のセキュリティ:トークン化

決済のセキュリティ:トークン化

トークン化サービスでデータを保護。クレジットカード情報の詳細をトークンに置き換えることで、セキュリティに関わる業務負担とPCI DSS対策のコストを低減します。

顧客側データの暗号化

顧客側データの暗号化

顧客側データの暗号化で、クレジットカード情報を実際に扱う必要がなくなり、PCI DSS対策にかかる業務とコストが低減します。

分析 & 最適化

分析 & 最適化

データを最大限に活用。ビジネスの方向性や戦略の推進力となる市場トレンドや顧客行動・パターンを知りましょう。

ソーシャルメディアによる検証

ソーシャルメディアによる検証

ソーシャルメディアを使って個人情報を簡単に確認。高リスクの取引をリアルタイムで検証します。

AVS/CVV2/CVCチェック

AVS/CVV2/CVCチェック

マーチャントに無料で提供。Worldpayでは、銀行やクレジットカード発行会社と協力して付加的なチェックを行う体制を整えています。

不正利用は常に進化しています。幅広い不正利用補償で、変わりゆく脅威に備えることが大切です。

カスタム仕様で柔軟性の高い当社の対リスク意思決定システム、RiskGuardian™にはさまざまな補完的リスク管理ツールやサービスが備わっています。

不正利用者に隙を見せてはなりません。ぜひWorldpayの幅広い不正利用アプローチを取り入れ、取引受け付けの最大化と収益の確保にお役立てください。

経験豊富なパートナー & アドバイザー

不正利用対策ビジネスに16年以上携わり、グローバル決済業界でも独自の歴史を築いてきたWorldpayは、不正利用に重点を置きながらマーチャントの全決済過程をサポートする力に誇りを持っています。当社は、すべてのマーチャントがビジネスにとって必要なものを理解し、不正利用防止と取引受け付けの最適なバランスを実現できるよう、共に取り組みます。

クレジットカードだけではない不正利用

オンライン取引において、クレジットカードは唯一の支払い手段ではありません。それどころか、eコマースの世界には300種類を超えるさまざまな決済手段があります。当社は、お客様が採用している決済手段に関わらず、不正利用のリスクを把握・低減できるようお手伝いします。

1回の組み込み実装

RiskGuardianは、アクワイアラーを選びません。独立した機能として実装できるほか、既存の当社ゲートウェイで簡単に統合することもできます。

航空会社

グローバル市場の激しい競争のなか、航空会社は大陸を超え、さまざまな通貨を扱いながら事業を行っています。そのため、航空会社は不正利用者にとって絶好のターゲットとなっています。RiskGuardianは不正利用立ち向かうため、世界各地で航空会社と連携しています。その取り組みは、データによって見識を高めることにほかなりません。実際に、ルートや出発便の予約時刻などのさまざまな属性を基に、最大32項目の旅程データを活用し、取引ごとにリスク評価を行っています。RiskGuardianではまた、さらなるセキュリティ対策として、IATAのPerseussのネガティブデータベースへの統合も行っています。

デジタルコンテンツ

Worldpayは、スムーズなチェックアウト体験を提供したいというお客様の思いを理解しています。それを後方から支援するのがRiskGuardianです。年齢制限のある商品・サービスの購入にカスタムルール設定と年齢・IDチェックのオプションを適用することで、Worldpayは、デジタルコンテンツを扱う大手マーチャントを取り巻くリスクの最小化を図っています。

ゲーミング

当社は、ヨーロッパのゲーミング業界の顧客が最も多く、RiskGuardianもその専門性の高い市場ニーズに合う仕様になっています。これには、リスク対策用分野別データプール、リスクのレベルをゲーミングアクティビティ(Sportsbook、カジノなど)ごとに設定する機能、各種マネーロンダリング対策、位置特定・IDサービスなどがあり、ゲーミング企業がすべての規制要件へのコンプライアンスを十分に確保できるようになっています。

リテール

RiskGuardianの意思決定エンジンは小売業に特化したもので、リスクレベルを市場、決済手段や商品の種類、配送方法に基づいて設定できるほか、手作業で確認できる取引最適化ワークフローモジュール、特定の地域での取引監視モニタリングオプションがあります(このサービスの現在の提供地域については取引先関係担当マネージャーにお尋ねください)。

トラベル

RiskGuardianには、厳しいトラベル業界の不正取引を正確に検出するためのさまざまな機能が備わっています。地域、チャネル、決済手段ごとにリスクを設定できるため、マーチャントが打つ手を誤ることはありません。また、IATAのPerseussのネガティブデータファイルが利用できるほか、Worldpayの32路線データフィールドを送信する機能も付いています。データフィールドではルールの詳細をカスタム設定することができるため、不正の検出力が非常に高くなります。

ビデオゲーム

マーチャントが市場シェアの追求に明け暮れる一方、ゲームプレーヤーはスムーズな決済の利用体験を求めています。RiskGuardianはこうしたゲーミング市場のニーズに合致するもので、信頼性スコアや利用したゲームといった付加的なプレーヤーデータのリスク評価を行います。また、年齢制限がある商品やサービスが購入される際の年齢・IDチェックもご利用いただけます。

Worldpayは私たちに決済がどのようなものか、そして不正利用について教えてくれました。それによって、より収益性のある事業運営を自信を持って行うことができるようになりました。

MCR UK Operations at Clarks代表
Kelly Smirk 氏