見識に関する記事

2018年の不正利用トレンドウェビナー

急成長しているeコマース市場において、これまで以上に巧妙化し、多様化する不正利用の手口に対し、どのような保護対策をとればよいのでしょうか。

2018年2月23日

今年の不正利用の傾向レポートでは、急速に拡大しつつある不正利用の手口に注目し、サイバーセキュリティ対策や機械学習の発展について解説しています。また、重要性を増す不正利用対策チームの充実した活動についても考察します。

MRCによる2018年の不正利用の傾向に関するウェビナーをご覧ください。Worldpayの不正利用とリスクの専門家、Helen Holmesが今年の傾向に対する洞察を紹介します:

  • フレンドリー詐欺、クリーン詐欺(Clean Fraud)、アカウント乗っ取りといった新しい巧妙な手口と、マーチャントがとるべき予防策
  • 電子デバイスのコネクテッドワールドが加速するとデータ漏洩のリスク要因となり得る理由
  • 自動不正防止ツールへの移行で増大する脅威に対抗するため、熱意あふれる不正利用対策チームがどのようなアプローチで仕事をしているか

ウェビナーの詳細をメールでお受け取りになるには、フォームに必要事項を記入してください

Helen Holmes(Worldpayグローバルeコマース、不正利用・認証サービス製品担当バイスプレジデント)

Helenは、グローバル決済のリーダーであるWorldpayで、リスク管理製品開発チームを率いています。  Worldpayの不正防止製品から成長を促す戦略イニシアチブを定義し、実践します。Helenは第2子を出産後、2015年1月にWorldpayに入社しました。正規雇用とされる役職に、協議の結果、週4日勤務で携わっています。それ以来、新規製品戦略を設定し、彼女の率いるチームは25%の収益増加を達成しようとしています。Helenは休日を2人の幼い娘たちと過ごし、また休日の夜は執筆活動に取り組んでいます。彼女は10代向けフィクション小説を出版している作家で、2016年にはデビュー作となる2冊の作品をオックスフォード大学出版局ELT部から発表しました。

2018年2月23日