現在のページ

税務戦略

このページでは、Worldpay Group plcおよびその子会社(「Worldpay」または「グループ」)の税務戦略(2016年7月28日時点)の概要を示しています。

当社は税法に従い、当社事業の主な拠点である英国をはじめ、当社が事業を展開するすべての地域でその税法を順守します。当社にとって税法を順守するということは、適時に適所で正確な額の税金を支払い、税金に関連するすべての事項や状況を税務当局に開示し、対象となる控除や優遇措置を求めることです。

当社は商業活動を構築していくうえで、あらゆる要因の中でも特に、当社株主のために持続的な価値を最大化することを視野に入れながら、事業を展開する各国の税法を検討していきます。実施される税務対策はすべて商業的および経済的実質を伴い、当社の評判や広範な目標に及ぼす潜在的な影響を考慮しています。当社では不自然な、あるいは人為的な計画は行いません。

当社事業の規模と納税額を考慮すると、税法の解釈やコンプライアンスの取り決めの性質によって、必然的にリスクが発生します。当社では、このようなリスクを積極的に見極めて評価し、管理・監視するよう努めて、当グループのリスク選好の範囲内で事業を展開していきます。リスクとの関連で著しく不確実、あるい複雑な事項が生じた場合には、外部からアドバイスを得ることもあります。

当社は、HMRCなどの税務当局に、正直かつ誠実に、そして敬意を払って公正に協力的コンプライアンスの精神で向き合います。当社は、税務当局の取り決めや決定に同意しない場合は、訴訟を起こす体制を整えていますが、その事態に発展する前にまず、率先して透明性のある話し合いおよび交渉を通じて係争中の問題を解決するよう努めます。

この戦略はWorldpayの意志を反映しており、取締役会により承認および認識され、監視されています。